体を温めることが妊娠につながります。

妊娠を希望されている方は、基礎体温を計測されていることが多いと思います。私自身も毎朝基礎体温を測っていました。計測を始めてすぐに、自分の体温の低さに驚きました。低温期で36.00前後、高温期でも36.50程度でした。基礎体温の見本では、高温期は36.70以上となっています。冷え性であるとは思っていましたが、この体温では妊娠できないと感じ、それから体を温める努力をしました。

夏は素足にサンダルとスカートが定番でしたが、ストッキングとパンプス、もしくはパンツスタイルにして下半身を冷えから守りました。また食生活の面でも、冷たいものを飲むのは控え、常温の水を飲むようにし、冷える季節には生姜を摂って体の中から温めることも意識しました。このようにして冷えを改善していくにつれ、基礎体温が全体的に0.3度ほど上がりました。高温期の体温も36.80から37度近くにまであがり安定していました。

体温が上がったことで風邪を引きにくくなり、また肩こりや便秘も解消し、とても体調が良くなったことを実感し、もしも妊娠できなくても体温を上げるための努力は無駄にはならなかったと思い始めたころ、ついに妊娠、無事に出産しました。体を温めて体温を上げることで、基礎体温表もはっきりとわかる2層になり、排卵日がわかりやすくなったのも大きいと思います。

初めは意識して体を温めていましたが、少しずつ習慣化されてくるので、今では特に意識しなくても常温の水を飲んだり、少し冷えたと感じたらすぐに半身浴で温めたりと、自然と体を温めることができています。現在二人目がお腹で元気に育っています。

妊娠したいと思っているあなたへ

独身の頃は避妊にあんなに気を遣っていたのに、結婚していざとなったら子供ができない!こんな人も多いですよね。私もそうでした。子づくりし始めたらすぐに子供ができると思っていたんですが、それは大きな間違いでした。

まずは妊娠しやすい体作りをすることです。女性にとっては基本のことですが、意外とできていない方が多いのが現状です。まずは体を冷やさないことです。冷え症は万病の元といわれるほど、女性の体にとってはよくないことです。冬場はとくに意識して体を温める努力が必要です。冬に旬の野菜、特に根菜類は体を温める効果があるので私もよく摂っていました。

反対に体を冷やすのはコーヒーや、トマトなどの夏野菜です。コーヒーはカフェインも多く含み、妊娠中もよくないとされていますので、飲む回数を減らすのが賢明でしょう。代わりに豆乳を飲めば、大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをしてくれますのでより妊娠しやすい体に近づくと思います。

それから、私は煙草もやめました。万が一妊娠した場合ニコチンは胎児に悪影響ですし、男性の場合も精子の数に影響があると研究結果が出ていますので、これを機に夫婦二人で禁煙するのがいいでしょう。

あとは行為自体の回数を増やすことです。排卵日や基礎体温ばかりを気にして、今日しましょう、明日しましょうでは旦那様の気持ちが萎えてしまうこともありえます。まずは夫婦仲良く、健康でおおらかに赤ちゃんを待ってあげることです。きっと、良いタイミングで赤ちゃんはきてくれます。凄く簡単な妊娠しやすくする方法だと思いませんか?私も今や二児の母です。

やはり羨ましい気持ちを隠せない!今の子が利用している婚活サイトやアプリ

親戚の集まりがあったのですが、若い子たちが婚活の話で盛り上がっていました。その中の一人が半年後に結婚する予定です。どうやらマッチ・ドットコムという婚活サイトで知り合い、理想の男性に出会うことができたとか・・・。すごく羨ましいなぁと思う自分がいますね。

私は一応は結婚できましたが、母が親戚にお願いをして連れてきた男性と結婚しました。正直好みではなかったのですが、自分の力で結婚相手を探すことは厳しく、母の連れてきた男性とお見合いをして結婚することになったのです。結婚してみたら夫は意外と楽しい人だったので良かったのですが。

婚活サイトやアプリなどを使って理想の男性を探すことができたらどんなに良かったかと思うことはあります。イケメン、高身長、高収入の人を見つけることができたかもしれません。相手が私を気に入ってくれるかはわかりませんがね。ネット婚活でたくさんの人が良い人と出会って幸せになると良いなと願っています。

オタクだけど彼女が欲しい!出会いが欲しい!できないとは言わせない!彼女を作る方法・作り方とオタクの強みについて
男性の側からはこういう視点もありますね。男女ともに見た目は良いと有利で辛い思いをしている人は男女ともに居ますよね…。

花粉イヤ。

最近、鼻水が止まらない日が度々。そろそろ花粉の季節だからか?PM2.5のためなのか?
かなり鼻の回りがガサガサになってしまう。私の場合、花粉の量に関係なく日によって症状に差がある。体調によって変わってくるんだろうか?以外と何とも無いときが多かったりするので病院に行くほどでも無いかなって感じ。だけどたまに酷い日が続くと鼻の回りが酷い事に゚(゚´Д`゚)゚

この状態を回復する方法って無いんですかね。クリームとか塗ってもスグ鼻水出てくるから鼻かみたくなっちゃってクリーム取れちゃうんだよね。
余り酷い日は鼻炎の薬も飲んだりするけど、軽い日まで薬に頼るのも何だかと思うと悩み所。目はそれ程酷くならないのも有るから薬飲まなくてもイイかなって思えるのかな。薬に頼るんじゃ無くて出来れば自然な感じで過ごしたいし、
本当に辛い時に成るべく薬が効く方がイイかなって思うのもある。

鼻水を吸収してくれるマスクとか開発してくれると良いのになぁ。何で鼻水を止めるって方法しか考え無いんだろうね。とにかく肌がガサガサ・カピカピ治す方法ないか(°°;)”((;°°)

毛穴ケアを最近していないなぁ。

社会人になってすぐくらいの時かなぁ。ビオレから毛穴パックが新発売したと思います。その時は、そんなに汚れがとれるわけないじゃん♪的に思っていました。でも、毛穴が黒ずんできたから、やばいなぁと思って、思い切って毛穴パックしてみたんですよ。

水に濡らして空気が入らないように鼻全体につけて待つこと数分。みるみるうちにパックが渇いて固くなっていって、時間が来たらゆっくり外すんですけど、とても他の人には見られないくらいの汚れがわさっと取れましたよ。毛穴は汚れがすっぽりとれてホールになっているんですよね。

キレイになったからといってそのままにしているとまたすぐに汚れが入っていくから、化粧水などですぐに毛穴を引き締めないといけないんですよね。

でも、最近全然してませんよ。脂分が多すぎて乾燥がうまくいかないことが多くなってきてしまったんですよね。だからといって汚れをそのままにしていてはいけませんよね。毛穴の汚れ、怠けていたけれど、また頑張ろうっと♪
化粧品は、同じ化粧品を使い続けた方がいいのかなぁ。

私もスキンケア歴は年齢から言えば、ちょっと浅いですがスキンケアを意識して十数年。数々のスキンケア化粧品を試してきました。メーカーも違えば、使うアイテムも多種多様で楽しかったですね。途中、5~6年くらいカネボウの「DEW」シリーズを使い続けていましたね。

ベタベタを防ぐスキンケア。

スキンケアって何種類くらい使っていますか?今やオールインワン化粧品があるから、1種類っていう人いるかもしれないけれど、たぶんそれだけっていう人はいないと思うんだよね。
しかも、最近は朝専用・夜専用とあるんですよね。私の場合、朝は化粧水・美容液・朝用乳液・日焼け止め・化粧下地、夜は、化粧水・美容液・夜用乳液・保湿クリームですね。

しかも、肌質を考えて、全て敏感肌化粧品で揃えています。
これプラス、毎日朝晩の洗顔と夜のクレンジングですよね。 本当、種類があり過ぎて、量を間違えれば顔がベタベタになってしまうんですよね。だから一つ一つ入念に浸透させていかないといけませんね。

しっかり浸透させないとせっかくつけたスキンケアの成分が入って行かなくて意味がなくなってしまいますからね。 でも、これだけのスキンケアアイテムが必要なのかといつも思うんですよ。

メーカーさんの戦略では?!なんて。でもね、一つ一つ効果が違うし、使用する順番や量もきちんと決まっているから、その順番に適正量できちんと入念にスキンケアをすれば、ベタベタすることもなく、お肌の調子が整っていくんですよ。

これが一つ抜ければ、その抜けた分の効果も抜けてしまうんですよ。だから、戦略とか訳分からないとこ考えてないで、毎日頑張ってお肌のお手入れしましょうね♪男性からの評価はオシャレなレディース服より綺麗な肌ですから!

ワインが奥深い

ワインって美味しいですよね。もっともっと美味しく飲めたらいいなと思って、ワインソムリエの資格は取らなかったとしても、ワインソムリエの勉強はするといいと思うんだよね。
このワインには、この食事があうとかわかると結構楽しいし、より美味しくワインをいただけるでしょ。
という事で勉強したいと思います。

ワインって結構奥が深いと思うんだよね。でも何も私は知識ないけど・・・・・。
そうそうワインソムリエの合格率って・・・30-40%くらいなんですって。
やはり厳しい現実なんですね。

でも私は、資格はなくてもワインを知りたいだけなので、資格自体は今の所どうでもよいのです。
でもそのうち取りたくなるかもしれないけど・・・・。

今知ったのですが、ワインソムリエだけではなく、ワインアドバイザーやワインエキスパートなんて資格もあるんですね。
きっとソムリエを取ったら他のもとりたくなるんだろうな。私が好きなコンビはワインを飲みながらの蟹鍋。以外に合うんですよね~。蟹の季節が待ち遠しいですよ。

という事で、何から始めていいのかわかりませんが頑張ります。

水を飲むことの意味

水を飲んでダイエットっていう話を少なからず耳にすることがありますが、そのアピール部分を見ていると、水を飲んだだけで痩せるというようなことが、まことしやかに言われているものが多いです。そもそも水を飲んだだけで本当に痩せていくんでしょうか。

答えは否ですね。代謝が上がったりして脂肪が落ちることはあっても「痩せる」かどうかは断言できないです。まあ、でも人間の体にとって水ってとっても重要なので、適量に多目の水を飲むことで体をいい状態に保てるっていうのは一理ありますよね。

水を意識して飲むことでの健康効果は意外に感じやすかったりします。現実問題、思いの外体が乾いている状態が多いっていう方が正しいかもしれません。

よく1日二リットルの水を飲むといいって言われますよね。成人男性があまり動かない状態で、一日に必要な水の量は2.5リットルだそうです。約半分が尿や便などで排泄されて、他にはあまり知られていないですが、呼吸や汗で残りの半分くらいが使われるっていう内訳です。それを補う水は食事から摂取するのが1リットルで、飲み水として飲むものが1.2リットル、代謝の際に体の中で作られる水0.3リットルの3種類があります。つまり、特に運動などの活動をしていない成人男性は、飲み水で1.2リットルくらいを摂る必要があるということになるんですね。

もちろん、汗をかくくらいの暑い季節・運動をしたとき・飲酒した後などは多くの水が必要になりますので、1.2リットルにプラスして、失われた水分も補う必要がありますよね。身体の大きさによっても、一日の過ごし方によっても目安量は異なりますし、個人のライフスタイルにあわせて調節が必要ですが、現代では通常意識せずに生活している人は今の状態がプラスコップ2杯分ぐらいは水分を多目にとらないと、1日の必要量に達していないことも多いみたいです。

水を飲むことで、排便がスムーズになることで腸の調子がよくなることや、血液の状態がサラサラになることで代謝がよくなったりといった体をプラスの状態にするためには自分が欲しているよりも、多目に意識した水分補給が不可欠ですが、一気に大量の水を飲みすぎると体のミネラルバランスが崩れてしまって、生命活動が維持できなくなり、死に至ることもあるので、量は考えて飲まなくてはいけません。

健康を意識するなら、日中の水分補給は甘い飲料水ではなく無糖のノンカフェイン系のお茶やミネラルウォーターが基本ですね。ちなみに、硬水・軟水・炭酸水などに関しては、どれが痩せるという根拠はないそうなので、好みで選んでOKみたいです。硬水にミネラルが多めに含まれているものもあるので、ミネラル補給目的で飲用したり、炭酸水でお腹を一杯にする手助けをしたり、お目当ての効能のあるお茶などで健康維持をはかるのも良いですね。
美味しくて綺麗な水を理想的に補給するのに、ウォーターサーバーを導入するのは良い方法の一つです。

美容アップにはホットハチミツレモン

美肌といえばビタミンC。ビタミンCいえばレモンが思い浮かびます。

レモンは、むかしから肌がきれいになるというイメージがあるし、美容に良いという認識が強くあります。私の家にはレモンの木があるのですが、収穫時期にはたくさんレモンがとれてかなり重宝しています。

たくさんとれるからには、料理に使ったりすることが多いのですが、やっぱり美容にも活用していきたいと思い、レモンをはちみつづけにしてお湯をそそいでホットハチミツレモンをつくったりしています。

ハチミツをいれることによって甘みも増すし、ハチミツの効果もはいるので、レモンだけでホットレモンをつくるより、より健康的になった感じがして気にいっています。

レモンには、おなじみビタミンCもはいっていますが、クエン酸やポリフェノールなどもはいっているので、老化予防に効果があったりダイエット効果があったりといろんな美容効果も期待できるそうです。かんたんにつくれるホットハチミツレモンおすすめです。

お肌綺麗の基本

最近、CMでも良く見かける洗顔の「どろあわわ」気になります。
もっちもちの泡で泡が細かそうで使ってみたいですよね。
あんな泡で洗顔したら毛穴の汚れもきれいに落ちそうな感じがします。洗顔する時に、まずはじめに泡だてることが大事ですから、CMのようにあんなに泡だてられるなら大満足ですよね。

洗顔クリームを泡立てる時によく使うのが洗顔用ネット。

網目状になった洗顔用ネットを使って泡だてとる、何も使わず泡だてる時より泡が細かくなって簡単に泡だてられるので気にいっています。洗顔している時も、泡があるので皮膚をゴシゴシ洗わなくて良くて良い感じです。

お肌がきれいになる基本は洗顔が大事だと思っていますから、洗顔は丁寧にやっていきたいと思っています。レディースファッションの基本はお肌です!
高級な美白化粧品の前にまずは洗顔!

洗顔を丁寧すると、次に続くスキンケアがより浸透しやすくなると聞いたことがあるので洗顔は丁寧にするように心掛けています。いつまでも、きれいなお肌でいれるように洗顔クリームには注目していきたいですね。